バイアグラの副作用

勃起させる薬として最も有名なバイアグラ。しかし副作用についても知っておく必要があります。

副作用で苦しむ男性

バイアグラ服用時に起こる主な副作用

男性のなかは性に関する悩みを抱えている人がいます。
しかしなかなか人には相談できずに一人で悩んでいる人もたくさんいます。
このようなことから、性に関する悩みを解消するために、たくさんの薬の開発が行われています。
しかしまだまだ日本では販売されていない物が多いので、しっかりと薬に関する情報を理解して頭に入れておかなければいけません。
性に関する悩みの中で多くなっているのがEDといわれる勃起障害です。
この勃起障害を改善する薬として販売が認められているのがバイアグラです。
バイアグラは勃起不全を治療する効果がある世界的にも有名な薬です。
1998年にアメリカで発売されました。
この薬に含まれる有効成分は、シルデナフィルという物です。
この成分は勃起障害以外にも肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても認められています。
服用時の注意点としては、性交渉の1時間前に水と一緒に服用します。
このときにお茶やアルコールでもそれほど大きな問題はありません。
しかし牛乳は薬の吸収を妨げる可能性があるので控えるようにします。
空腹時の場合には、薬の効果は30分ほどで現れてきます。
バイアグラの主な副作用については、顔のほてりや目の充血などがあります。
鼻詰まりの男性この他に頭痛や動悸や鼻づまりなどもあります。
バイアグラのほかにED治療薬としてフォーゼストやメガリスがあります。
フォーゼスト 効果は、有効成分であるタダラフィルの働きによって食事の影響を受けないという特徴があります。
また服用後の持続時間が最大で36時間と他のED治療薬と比べるととても長くなっています。
この成分の働きによって陰茎部分の血流をよくするという効果があります。
効果を最大限に発揮させるためには、空腹時の服用が望ましいです。
●シルデナフィル成分のお薬
ゼネグラ