バイアグラの副作用

勃起させる薬として最も有名なバイアグラ。しかし副作用についても知っておく必要があります。

副作用で苦しむ男性

バイアグラが原因で陰茎が壊死する?

バイアグラは全世界で広く利用されている医薬品ですが、それだけにトラブルも非常に多いということでも知られています。
例えば併用禁忌を守らなかったがために重大な健康被害が出たということはかつて日本でも話題になりましたし、インターネットで偽薬を購入させられた結果体調を崩したというようなこともあります。
ですが正規品で、かつ併用禁忌を守ってもバイアグラにはいくつかのリスクがあるのです。
特に注意したいのが、大量服用によって発生する陰茎壊死のリスクです。
炎症これはコロンビア共和国の66歳の男性のケースですが、その男性が女性との性行為のためにバイアグラを一度に大量に服用したところ、勃起状態が非常に長く続くようになってしまい、激しい炎症を起こしてしまったのです。
実際にどれくらい服用したのかというデータはありませんが、その男性は一週間勃起が続いた末、壊死が全身に広まることを防ぐため陰茎と精巣の一部を切除するという手術を行いました。
幸いにも手術によって一命は取り留めましたが、陰茎が無くなってしまったのですから性行為は行うことができなくなってしまったのです。
もちろんこれと全く同じことが日本で起きるかどうかは判断できない部分があります。
海外で販売されているバイアグラと日本国内で流通しているバイアグラは別の商品ですし、体質や体格なども薬の効き目には影響を及ぼします。
ですが大量摂取でこうした副作用があったということは事実ですから、バイアグラは大量摂取をしないよう、規定の量を守って服用することが重要になるのです。
バイアグラは大量に飲めばそれだけ良い結果が得られるというわけではありません。
もし効果が見られないというのであれば、大量に飲むのではなく専門医を受診して別方向からの治療を行うようにしましょう。